旭興産株式会社
gotop.gif JapaneseEnglish
ごあいさつ会社概要沿革品質方針採用情報サイトマップリンクお問い合せ
岩国工場光工場岐阜工場
FPD・半導体製造装置 自動化システム 産業機械 プラント建設・メンテナンス 太陽光発電システム・エコシステム


ご挨拶

機械・装置を通じて、お客様の課題解決に
貢献することを目指します。

   当社は1950年の創業以来、石油・化学プラントのメンテナンス、繊維機械、化学機械、自動車・半導体製造装置、住宅部材製造装置、液晶・太陽電池製造装置、自動化システム、医療機器製造装置、太陽光発電所建設など様々な装置やシステムを作ってきました。そして、これらの知識・技術を融合し新たな分野へのチャレンジを続けてきました。
   近年技術革新が急速に進み、各業界で従来技術の延長ではなく、機械・電機・化学・生化学など全く異なった分野の技術を融合した新製品開発が進められています。また、人手不足や生産性向上のために職人技や人間の判断業務の自動化が求められています。更に、IOT・インダストリー4.0などの生産技術革新に伴い、特注品を個別生産する自動化技術が進展しています。このような様々な分野で当社の実績を生かしながら、お客様の新製品や生産システムに関する課題を解決し、産業の発展に貢献していきたいと思います。
   例えば、当社の個別生産の自動化システムの実例としては、通常の多種個別生産だけではなく、更に進歩した、完全に1個毎の設計が異なる完全個別生産の自動化事例があります。住宅用壁部材の個別生産において、上位システムからの指示に基づき、1個毎に異なる寸法に切断された部材を、ハンドや治具の寸法・位置を1個毎に変更し、溶接組立するロボット数十台を用いたシステムです。また、技術を複合化し新製品を開発した事例としては、医療機器製造装置などの技術を発展させ、精密温度制御を伴う反応や画像処理計測技術を含む医療用DNAチップ検査装置の開発があります。
   現在当社として、幅広い業界において、新製品の開発からメンテナンスまで、お客様の下記のような様々な課題に対して対応させていただいていますので、ご相談ください。

      1.新製品の開発・生産
      2.新製品生産ラインの構築
      3.既存製品生産ラインの自動化
      4.OEM製品生産(設計を含む)
      5.プラントの建設、メンテナンス(石油・化学、太陽光発電等)

   今後は、医療機器分野の展開、加工工程を含む自動組立システムの対応強化、岐阜工場を中心とする中京地区での体制強化、千葉出張所を中心とする関東地区のメンテナンス業務の強化を進めてまいります。
   なお、将来の社名変更を念頭に置き、事業ブランドとして“アライン”(aline)を設定しています。alineは、A-Line(Aクラスのライン)から作られた言葉で、“一歩でも前へ”、“時代をリードする”という意味を包含しています。今後とも“アライン”ブランドのもと、「技術と誠意」をモットーとして、いち早く環境の変化に対応して、お客様に、より御満足いただける高品質製品・サービスを提供してまいります。

circle.jpg
旭興産株式会社 代表取締役社長 上田 文雄
ueda.jpg

Copyright (C) ASAHIKOHSAN CO.,LTD. All Rights Reserved.